このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

熱気に包まれたeスポーツ大会「GeForce CUP: PUBG #02」

2017年12月23日 21時00分更新

文● ドリル北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NVIDIAが主催するスポーツ大会「GeForce CUP」が、23日に浅草橋ヒューリックホールで開催された。採用タイトルは、人気バトルロワイヤルゲーム「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS」 (以下 PUBG) 。

浅草橋ヒューリックホールで開催された「GeForce CUP: PUBG #02」。PUBGにおけるオフラインイベントとしては国内最大級の規模となる

 本大会では80台のゲーミングPCを会場に設置。有名チームを招待選手として会場に招き、そのプレイを間近で観戦できるほか、協賛企業ブースや試遊台が設けられており、最新スペックのPCでゲームを体験できた。

一般プレイヤーだけでなく、プロゲーマーも参戦。その周りには、プレイを見ようと多くのギャラリーができていた
トーナメントの模様はトンピ?氏(左)とNottinTV氏(右)の実況解説付きで放送された会場のマシンは、G-GEAR製。第8世代CoreプロセッサーとGeForce GTXを組み合わせた最新モデルだ
チームDetonatioNのSUMOMOXqX選手が個人戦で見事優勝した
大会の合間には、NVIDIAと各パートナー企業のセッションが開催された。そこでNVIDIAがTITAN XpのCOLLCTOR'S EDITIONを日本でも1月に数量限定で発売すると発表した
ASUSのセッション。特許を取得した独自ファンを解説
GIGABYTEも独自クーラーを紹介。1月中旬にPUBGのオンラインイベントを開催予定と告知した
独自クーラーの「TWIN FROZR VI」をアピールするMSI
Palitは、発売されたばかりの新製品を紹介
日本法人を正式に開設したZOTAC。1070Tiのラインナップのほか、同社初のPUBG大会を1月21日に開催すると発表した

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中