このページの本文へ

Phanteks「ENTHOO EVOLV SHIFT X」、「ENTHOO EVOLV SHIFT」

煙突のような縦長PCケースの最新型がPhanteksから発売

2017年12月16日 23時52分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Phanteksから縦長煙突構造のユニークなPCケース「ENTHOO EVOLV SHIFT X」「ENTHOO EVOLV SHIFT」が発売された。今年6月のCOMPUTEX TAIPEI 2017で披露された製品だ。

縦長煙突構造のユニークなPCケース「ENTHOO EVOLV SHIFT X」「ENTHOO EVOLV SHIFT」

 登場したのは、DIY水冷パーツの組み込みを前提に設計されたという大型モデル「ENTHOO EVOLV SHIFT X」と、CPU/GPU/2基のオールインワン水冷キットを搭載することを前提とした「EVOLV SHIFT」の2モデル。両サイドパネルは強化ガラス製で、どちらも対応マザーボードはMini-ITX。上位モデルの「ENTHOO EVOLV SHIFT X」は、横置きにも対応する。

上位モデルの「ENTHOO EVOLV SHIFT X」は、横置きにも対応。リビングPCとしても使えそうだ

 「EVOLV SHIFT X」の主なスペックは、サイズ170(W)×274(D)×650(H)mm。ベイが3.5インチシャドウ×2、2.5インチシャドウ×4。冷却ファンはフロント120/140mm×3(140mm×1標準)、ボトム120/140mm×1(140mm×1標準)。CPUクーラーは高さ82mm、ビデオカードは長さ529mm、電源ユニットは奥行き160mmのATXが搭載できる。

トップパネルは軽く押しこむと開く仕組み。内部の熱はここから排出される

 小型の「EVOLV SHIFT」の主なスペックは、サイズ170(W)×274(D)×470(H)mm。ベイが3.5インチシャドウ×1、2.5インチシャドウ×3。冷却ファンはフロント120/140mm×2(140mm×1標準)、ボトム120/140mm×1。CPUクーラーは高さ82mm、ビデオカードは長さ350mm、電源ユニットはSFXまでが搭載できる。

ボトム部分にはファンを標準搭載。素材はアルミ。両サイドは強化ガラスで着脱も容易な構造だ

 価格は「EVOLV SHIFT X」が2万4980円、「EVOLV SHIFT」が1万9980円。パソコンショップアークやオリオスペック、ツクモパソコン本店で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中