このページの本文へ

4K映像再生可能なUltra HD Blu-rayモデルもラインアップ

パイオニア、クラムシェル型ポータブルBD/DVD/CDライターを発売

2017年11月29日 15時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
左より「BDR-XD07BK」(ブラック)、「BDR-XD07R」(レッド)、「BDR-XD07W」(ホワイト)

 パイオニアは11月28日、クラムシェル型ポータブル BD/DVD/CDライター「BDR-XD07」シリーズを発表。12月上旬に発売する。

 USB Type-Cへの変換ケーブルが付属しており、Type-C端子を備えるパソコンのほか、Androidスマホ/タブレットとも接続可能。Android用アプリは無料公開予定で、アプリでは音楽をCDの取り込みのほかインターネット経由で楽曲名などの取得も行なえる。

「BDR-XD07J-UHD」

 「BDR-XD07BK」(ブラック)、「BDR-XD07R」(レッド)、「BDR-XD07W」(ホワイト)の3種のカラーモデルに加え、上位モデルとしてUltra HD Blu-ray再生に対応した「BDR-XD07J-UHD」(カラーはブラックのみ)が用意される。

 いずれのモデルもUSBバスパワーで動作するほか、安定動作用のACアダプターや、ワイヤレスドックがオプションで用意される。サイズはおよそ幅133×奥行き133×高さ14.8mm、重量はおよそ230g。実売予想価格はBDR-XD07BK/R/Wが1万3500円前後、BDR-XD07J-UHDが1万7500円前後。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン