このページの本文へ

Corsair、同社初の3連ファン水冷クーラーを世界初公開

2017年11月21日 17時00分更新

文● ドリル北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Corsairが都内で新製品発表会を実施。同社初の360mmラジエーターを搭載するオールインワン水冷クーラー「H150i RPO RGB」などを発表した。

CorsairのシニアプロダクトマネージャーのAaron Neal氏が、新水冷クーラーを世界初公開

 Corsairのオールインワン水冷クーラーHydroシリーズがモデルチェンジ。360mmラジエーターを搭載する「H150i RPO RGB」と、280mmラジエーター搭載の「H115i PRO RGB」の2モデルをラインナップする。2018年2月7日発売予定で価格は未定。

Corsair初となる360mmラジエーターを搭載する、オールインワン水冷クーラー「H150i RPO RGB」。同社の「ML120」磁気浮上ファンが3基付属する
水冷ヘッドにもRGB LEDを搭載。ベース部は純銅製だ
こちらは380mmラジエーターを搭載する下位モデル「H115i RPO PGB」。同社の「ML140」磁気浮上ファンが2基付属するラジエーター側面にあるCorsairのロゴ
製品の特徴は大きく3つ。RGB LEDで発光、磁気浮上の静音ファンを採用、システム統合管理ツール「Corsair Link」に対応することだ旧モデルの「H115i」と比べるとファンの騒音が半分以下に減少しているという

その他の新製品

リング状のフレームと軸受部の2ヵ所が発光するRGBファンの「LL120 RGB」と「LL140 RGB」4つの独立した色で光る「ML120 PRO RGB」と「ML140 PRO RGB」
「LL120 RGB」をフロントに3基搭載したデモ機。2ヵ所が発光するため、かなり目立つ
フロントとサイドに強化ガラスパネルを採用するミドルタワーPCケースのホワイトモデル「Crystal 460X RGB White」。フロントに「SP120 RGB」ファンを3基標準装備する
「Crystal 460X RGB White」は、電源ユニットエリアをボトムに設けた熱源分離構造となり、ケースフロントからリアまでエアフローの障害となるものを排除した“Direct Airflow Path”を採用する。天板にメッシュフィルターを備えるがカラーはブラックとなる

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中