このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

柳谷智宣がAdobe Acrobat DCを使い倒してみた 第33回

意図しないPDFファイルを作らないために覚えておくべきこと

相手先の環境にないフォントでもPDFで表示させるには

2017年11月10日 11時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

英語版のWindows 10に日本語のフォントがないと……

 外国語のWindows 10などで、そもそも代替として利用できる日本語フォントさえインストールされていないこともある。そんな時は、PDFファイルを開いたときに警告メッセージが表示され、フォントパッケージをインストールするようにうながされる。自動的にブラウザーでダウンロードページが開くので、手間はかからない。フォントパッケージをインストールすれば、普通に表示できるようになる。

英語版のWindows 10に日本語のフォントがないと、PDFファイルを開こうとすると警告が出る

そのまま表示しても文字化けしてしまう

ブラウザーでフォントパッケージのダウンロードページが開く

フォントパッケージをインストールする

無事に表示できた

調べてみると、「KozMinPr6N」(小塚明朝フォント)で表示されていることがわかる

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

目からウロコのPDF使いこなし術【アクロバット連載100回記念放送】