このページの本文へ

顧客管理、商談管理から請求、入金までを一気通貫でつなぎ、業務の効率化を実現

ゾーホージャパン、「Zoho CRM」と「MFクラウド請求書」のデータ連携を開始

2017年10月27日 14時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「Zoho CRM」イメージ画像

 ゾーホージャパンは10月26日、同社の提供するクラウド型顧客管理・案件管理サービス「Zoho CRM」と、マネーフォワードが提供する請求書作成ソフト「MFクラウド請求書」とのデータ連携ソリューションの提供を開始した。

 連携により、Zoho CRMのユーザーはMFクラウド請求書の特徴である郵送サービスや売掛金管理、入金消込、決済、合算請求などが可能になり、Zoho CRMの請求書機能では実現できなかった要件に対応可能となる。

 MFクラウド請求書のユーザーは、Zoho CRMが提供する強力な顧客管理機能との連携利用が可能となり、見込客管理、商談管理、顧客とのコミュニケーション履歴の管理、タスクの管理など、請求対象の顧客に関するあらゆる情報を、一元的に管理できるようになる。

 Zoho CRMのEnterpriseプラン、MFクラウド請求書は無料お試しプランを連携可能。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ