このページの本文へ

「Apple IDはすでにロックされました」 フィッシング詐欺に注意

2017年10月24日 13時00分更新

文● モーダル小嶋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 フィッシング対策協議会は10月23日、Appleをかたるフィッシングメールが出回っているとして注意をよびかけた。

 メールは、本文が「安全のため、このApple IDはすでにロックされました」で始まるもの。「この問題を解決するにはこちら」とフィッシングサイトへの誘導をうながし、誘導先のサイトで、Apple IDとパスワード、氏名、住所、電話番号、クレジットカード番号、セキュリティ質問とその答えなどを入力するよう求める。

 「Apple ID、パスワード、姓、名、生年月日、郵便番号、都道府県、市区町村、その他住所、電話番号、クレジットカード番号、カードの名義人、有効期限、セキュリティコード、セキュリティ質問、答え等を絶対に入力しないように注意してください」(フィッシング対策協議会)

 なお、アップルは、以前からApple ID が不正利用されていると疑われる場合の対処法についてのサポートページを公開している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン