このページの本文へ

上海問屋、エルゴノミクスデザイン採用のワイヤレスマウスを発売

2017年09月01日 19時20分更新

文● 江幡/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 上海問屋は9月1日、人間工学に基づいたスリム型デザイン採用のワイヤレスマウス「DN-915000」を販売開始した。価格は1999円。

 本体は手首への負担を軽減できるとする「エルゴノミクスデザイン」を採用。スリムなデザインで握りやすく、かつ自然な手首の形を維持した状態で使用できるとのこと。また、腱鞘炎で悩んでいたり、長時間のパソコン作業によって手首を痛めているユーザーにオススメできるとしている。

 専用のUSBレシーバーで通信するワイヤレスタイプのマウスで、電源には単4電池2本を使用する。連続動作時間はおよそ320時間、本体サイズは幅120×奥行き63×高さ77mm。

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ