前へ 1 2 3 次へ

iPadやMacでポータブルSSD使ってみた 第1回

Gen.2の速度に感動! USB 3.1 Gen.2対応のSamsung製ポータブルSSDに注目

文●藤田 忠 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

実用途のコピーでもしっかり差が出る
USB 3.1 Gen.2

 続いては容量約2.27GBで、ファイル数79個のRAWファイルと、約3.32GB、ファイル数23個のFLACファイルをSATA3ポートに接続したシステムSSDから、Portable SSD Tシリーズへコピーした際に要した時間を計測した。時間の計測はストップウォッチによる手動になるため、各3回実施し平均をまとめた。

ファイルコピー時間(秒)

Portable SSD T5(左)のコピー中の転送速度は、T3(右)と比べて約50MB/秒高速な390MB/秒になっていた

 3.32GB、23ファイルのコピーが9.11秒で完了した「Portable SSD T5」。T3からは1秒短縮と、大きくはないがUSB 3.1 Gen.2 10Gbps接続によるパフォーマンスアップの効果は、外付けストレージの主な用途となるコピー作業でもしっかりと現れている。

USB 3.1 Gen.2対応の
次世代ポータブルSSDに注目

 高級感があり、耐衝撃性に優れているアルミボディーに、万が一の紛失に備えられるハードウェア暗号化機能によるファイル保護が手軽に行なえるSamsung「Portable SSD T」シリーズの最新モデルとなる「Portable SSD T5」。

 シーケンシャルリード/ライトが450MB/秒程度となる「Portable SSD T3」などのUSB 3.0/3.1 Gen.1対応製品でも、ストレスなく外付けストレージ内に保存してあるデータでの編集作業を行なえるが、次世代ポータブルストレージとなるUSB 3.1 Gen.2接続による500MB/秒オーバーのシーケンシャルリード/ライトと200MB/秒台の高速な4Kランダムアクセスは、最先端好きなユーザーにはなかなか魅力的だ。

USB 3.1 Gen.2接続による高速転送は、一度経験するともうGen.1には戻れない。「Portable SSD T5」ならハードウェア暗号化機能によるファイル保護も手軽に行なえるのがいい

 今後の価格次第ではあるが、同じポータブルSSDを買うなら予算を追加して、USB 3.1 Gen.2に対応する高パフォーマンスな「Portable SSD T5」を狙ってみるのもありだろう。

【関連サイト】

前へ 1 2 3 次へ

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
2020年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
05月
07月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
04月
05月
06月
07月
09月
11月
12月
2017年
06月
08月
09月
10月
2016年
02月
06月
09月
10月
11月
12月
2015年
11月
2014年
07月
12月
2013年
07月
12月
2012年
10月