このページの本文へ

エプソン、毎分40枚印刷も可能なA4モノクロページプリンター4機種発表

2017年08月02日 14時30分更新

文● 江幡/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
LP-S380DN/LP-S280DNLP-S180DN/LP-S180D

 セイコーエプソンとエプソン販売は8月2日、生産性、使いやすや、画質を向上させたA4モノクロページプリンター4機種を発表。9月7日から発売する。

 印刷スピードは「LP-S380DN」が毎分40枚、「LP-S280DN」が毎分35枚に、「LP-S180DN」と「LP-S180D」が毎分30枚を実現。基幹業務の帳票、明細印刷や、短時間で大量の印刷を求められる業務に対応できるという。また、LP-S380DNではファーストプリントがおよそ6.4秒となり、今すぐにプリントしたいという現場でもスピーディーに出力できる。

 高画質化に際しては、同社独自のハードウェア技術「AAM(Advanced Amplitude Modulation)スクリーン」を採用。文字とグラフィック両方に適したスクリーン処理により、画像の階調や線画の表現に加え、従来機では表現が難しかった、カラーデータを印刷したときの色文字の再現性も向上したとうたう。

 全機種レーザープリンターとなり、モノクロ印刷のみ対応。フロントアクセスを実現しているので、トナー交換や用紙のセットもストレスなくできるとする。最大給紙容量は1020枚ほどで、価格は2万1000円から5万4000円前後。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ