このページの本文へ

サードウェーブデジノス、Tokyo VR StartupsにVR開発用PCを提供

2017年07月04日 18時45分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サードウェーブデジノスは7月4日、VR/MR/ARの発展を目指し、6月から12月にかけて実施されるTokyo VR Startups 第3期プログラムの期間中、参加各チームにVR対応のハイエンドPCを提供すると発表した。

 Tokyo VR Startups(TVS)は、VR/ARを利用したプロダクト・サービスを開発するためのインキュベーションプログラム。

 専用のインキュベーションセンターから、日本でのVR・ARのオープンイノベーションを加速させ、日本から世界を目指すプロダクト・サービスを産み出すことを目標としている。

 提供する開発用PCは、VR HMDを使用するのに最適なパソコンであることを示す「VR Ready PC」認定を取得している同社製PC。デスクトップPC、ノートPCの提供など、用途に応じた機材を提供するという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ