このページの本文へ

アイロボットジャパン創業、社長には元ボーズの挽野 元氏が就任

2017年04月11日 18時10分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
アイロボットジャパン代表執行役員社長 挽野 元氏

 米アイロボットは4月11日、日本法人アイロボットジャパン合同会社を創業し、日本市場でのビジネスを本格的に開始すると発表した。

 2016年11月21日の発表どおり、同社はアイロボットジャパンの設立により、セールス、マーケティング、ブランディングなどの活動を通じて日本での事業成長を加速させていくという。

 また、ボーズの社長を務めた挽野元(ひきの はじめ)氏がアイロボットジャパン代表執行役員社長に就任。日本市場におけるアイロボットブランドの成長を先導していく。

 会長兼最高経営責任者のコリン・アングルは「アイロボットが、日本で新たな一歩を踏み出すことに胸を躍らせています。日本市場においては、すでに大きな実績がありますが、今後もますます有望な市場だと考えています。」と述べた。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ