このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

「やよいの白色申告 オンライン」など5つのサービスに対応

確定申告の手間激減! レシートをスマホ撮影するだけでOCRで自動取り込み

2017年01月18日 11時00分更新

文● 柳谷智宣 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

領収書を撮影したら後はスキャンと同じ手順で処理する

 アプリを起動したら、「レシート類(証憑)を撮影する」もしくは、カメラアイコンをタップしカメラを起動する。グリッドに合わせて領収書を撮影たら、送信。プレビューを確認したり、削除して撮り直したりすることも可能だ。

アプリの起動画面。カメラアイコンをタップする

 認識は10〜30秒程度で完了し、金額や取引日、摘要などが登録される。とは言え、あくまでもOCRなので、手書きの領収書や印刷の薄いレシート、折れ曲がったレシートなどは不得意だということは、頭に置いておこう。金額はだいたい認識できるので、それだけでも手間が省ける。コツとしては、シワや折り目がないようにして、手ぶれをしないように撮影すること。後は印字がかすれないうちに、取り込むように心がけるといいだろう。手書きの領収書の取込は苦手なので、直接入力することになるのはスキャナー利用時と同じだ。

初回起動時は、アプリがカメラにアクセスすることを許可する

領収書を撮影する。当然、キレイに撮影した方が認識率は向上する

「次へ」をクリックすると一覧が開く。不要な写真を削除したら、「送信」をタップする

一覧をタップすると詳細画面が開き、OCRで自動認識されたデータを確認できる

 領収書は、10枚まで連続撮影が可能だ。必要な領収書を順不同でいいので、ガシガシと撮影してしまおう。終わったら、一覧画面で確認。重複した画像などを削除したら送信すればいい。これで、「スキャンデータ取込」に画像とデータが登録されるようになる。ここからは、スキャン取込と同じ手順で修正し、取引として登録する。

 スキャン精度はまだ改善の余地はあるが、イチから手動で登録するよりはずっとラクに入力できる。スキャナーを持っていないとか、スキャナーを準備するのが面倒、と言う人は弥生 レシート取込アプリを試してみよう。

「やよいの白色申告オンライン」にログインし、「スキャンデータ取込」を開くと、データが登録されている

科目や取引日などを修正して確定させる

取引に登録できた

 弥生 レシート取込アプリもスキャナ保存制度にも対応しているので、条件を満たせば領収書を捨てることも可能。「スキャナ保存制度」に関しては弥生のウェブサイトを参考にして欲しい。

 今回は、やよいの白色申告 オンラインのすべての機能がずっと無料で使えるフリープランを利用したが、もちろんやよいの青色申告 オンラインでも利用できる。「セルフプラン」なら、1年間無料でお試しができ、2016年分の確定申告書を無料で作成できる。確定申告が必要な人はチェックしてみよう。



(提供:弥生)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

お金の疑問をズバッと解決!
  • 魁!! アスキービジトク調査班R

    ビジトク調査班Rとは……世のフリーランス、個人事業主に関係するお金の情報を片っ端から調査する非公式組織である! 「いくちょん」と一緒に役立つ情報やTIPSをお伝えしていくぞ!

    2015年11月10日 11時00分更新

  • マンガでわかる! 必ず得する「確定申告」

    「確定申告」万年初心者のマンガ家・あべかよこが常々疑問に持っていたど素人な質問に、宮原税理士がやさしくわかりやす

    2014年12月24日 11時05分更新

  • 特命!! アスキービジトク調査班

    個人事業主がビジネスでトクする情報を、ASCII.jp編集部内に結成された調査班・特命記者のカリーさんといくちょんが日夜大奮闘してレポート!

    2014年12月22日 19時00分更新