このページの本文へ

十割そばで話題の「嵯峨谷」が秋葉原の中心地にオープン!

2016年12月06日 22時18分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 秋葉原電気街の中心地のあたらしいそば店が誕生する。ここ最近、巷で話題の「嵯峨谷」の秋葉原店で、すでに内装や看板の取り付けが完了している。

「嵯峨谷 秋葉原店」は12月10日(土)オープン予定。営業時間は朝7時~夜23時まで

 12月10日(土)オープン予定の「嵯峨谷 秋葉原店」(東京都千代田区外神田3-10-7)は、100%そば粉で作る十割そばを安価に提供することで知られる今話題の店。店頭の看板でもうたわれている通り、店内の石臼でひいたそば粉を使用するというこだわりようで、そば好きにとっては要チェックのお店だ。都内では渋谷や新宿、池袋などでチェーン展開している。

そば粉100%の十割そば「もりそば」が税込290円で食べられる!。そば好きにはたまらない

 場所は、秋葉原に買い物へ来た人なら誰しもが知っている、ドスパラ パーツ館の右隣。アキバのソウルフードを提供する「牛丼専門サンボ」の向かい。いわゆるパーツ通りと呼ばれる場所だが、今やすっかり飲食店のほうが多い状況だ。

カテゴリートップへ

東京ゲームショウ2019大特集!

  • 週アス TGS2019 特別版を公開中!

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ