このページの本文へ

ディスプレーに内蔵可能な専用コントローラーも発売

NEC、デジタルサイネージがカンタンに導入できるクラウドサービス

2016年12月02日 11時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

PanelDirector(パネルディレクター) for Cloudサービスパッケージ

 NECは12月2日、1台から数十台の中小規模デジタルサイネージ導入を容易にするクラウドサービスパック「PanelDirector(パネルディレクター) for Cloudサービスパッケージ」を発売した。

 中小規模のデジタルサイネージでもクラウド導入したいという需要に応えたもので、ライセンス購入するとインターネット回線経由でのデジタルサイネージ運用管理CMS (Conten ts Managemen t System)を利用できる。

表示スケジュールやタイミングを細く設定できる 

 クラウド上のCMSを利用し、写真や動画といったコンテンツを専用サイトにアップロード、日時やプレイリストを設定すれば遠隔ででさまざまなデジタルサイネージが可能。コンテンツとしては、各種フォーマットの静止画や動画、PowerPoint形式に加えてURLに紐付いたインターネット上のページの直接表示、タッチパネル端末にも対応するHTML5などが利用可能。

エリアやタグで表示コンテンツを切り替えることも可能 

 同時発売のコントローラー(別売)をディスプレーに装着することで、コンテンツ配信や配信先の振り分けなどの運用管理が可能。都道府県市町村といったエリア単位、店舗の規模や立地などに応じたタグ単位でので配信コンテンツの切り替えが可能となる。

ディスプレー(NECディスプレイソリューションズ製のデジタルサイネージ用途向け製品)に内蔵可能なコントローラー 

 価格はオープンプライス。1年間利用パックと専用コントローラ(TP2G)、42型ディスプレーをセットした構成で40万円前後が目安。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ