このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

10月19日からは「ダブル炊餃子鍋」などの新メニューも登場

居酒屋「塚田農場」の地鶏がレアでもおいしく食べられる理由

2016年10月14日 17時00分更新

文● 吉田ヒロ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 さて先週の記事で、10月1日から宮崎日南業態の塚田農場では、一定の条件を満たせば「月見ステーキ」が「Wチーズ月見」に無償アップグレードできることをお伝えしましたが、実は10月1日からは別のメニューも食べられるようになっています。

 それは「ダブル炊餃子鍋」(1480円)と「生ほうれん草とベーコンのあったかサラダ」(780円)。いずれも一度店舗に行けば名刺サイズの案内状をもらえると思いますので、次回にこれを提示すればオーダーすることができます。場合によってはその場でオーダーできるかと思いますので店舗に問い合わせてください。

 毎度毎度同じ説明ですが、これらのメニューが食べられるのは宮崎日南業態の塚田農場です。鹿児島霧島業態、北海道シントク業態、他社が勝手にやっているその他のインスパイア系農場では食べられません。

とにかく濃厚なじとっこスープは一度は飲むべき

 まずは「ダブル炊餃子鍋」。こちらは塚田農場のレギュラーメニューにある「炊餃子」(850円、二人前からオーダー可能)のデュアルコア版ともいうべき特別メニューです。火鍋などで見かける鍋(二色鍋)に、鶏ガラスープとアゴ出汁のWスープが入っており、一方は通常の醤油ベースの炊餃子、もう一方はカレー風味の炊餃子になっています。

「ダブル炊餃子鍋」は、二色鍋に入れられた炊餃子。右がカレー風味、左がノーマル

 この炊餃子のスープ、つけ麺に使えるほど超濃厚な味です。最初は鍋の中でゼラチン状になっているのですが、客席にセッティングされたコンロの上で温められることでスープになります。とにかくウマイので、ゼラチン状態のときにスタッフの目を盗んでわしづかみにし、ポケットに入れて持ち帰りたいほどです。

 それほどウマイじとっこスープにカレー風味が加わるので、味は約束されたようなもの。なお、この料理をオーダーすると3分を計測できる砂時計を一緒に持ってきてくれます。スープが溶けたら計測開始です。

「ダブル炊餃子鍋」をオーダーすると砂時計を手渡されます

 ちなみに薬味は、ネギとショウガ、魚粉、フライドオニオンの4種類。

左上から時計回りに、ネギ、ショウガ、魚粉、フライドオニオン

 出来上がった炊餃子は、もちもちのアツアツ。小皿に取り分けると、スープのこってり感が伝わるかと思います。

こんな感じで鍋を炊きます。餃子の皮が厚いので炊いても皮が破れることはありません
スープの表面がテカテカ。濃厚感が伝わるかと思います

 餃子を食べ終わったらプラス380円で、シメのらーめん(半玉)+チーズリゾットまたはうどん(半玉)もオーダー可能です。カレー側がチーズリゾット、ノーマルのじとっこスープ側がラーメン(またはうどん)になります。

カレー側をリゾットにしてもらいました。カレー&チーズなんでこれも間違いなくウマイ

 一方の「生ほうれん草とベーコンのあったかサラダ」は、生のほうれんそうとローストされたベーコン、フライドオニオン、温泉卵が乗っかったサラダ。そして、サラダ全体には鰹節が振りかけられています。卵をつぶして混ぜることで、濃厚な塚だまの黄身がカリカリのベーコンとシャキシャキのほうれん草と絡み、不思議な食感が生まれます。これに鰹節の旨味がプラスされます。味は和風ベースのドレッシングなのでさっぱりしています。

生ほうれん草とベーコンのあったかサラダ
まぜるとこんな感じ

 この「ダブル炊餃子鍋」と「生ほうれん草とベーコンのあったかサラダ」は、先行限定メニューとして一部店舗で提供されており、「ダブル炊餃子鍋」のほうは10月19日からは誰でも普通に食べられるようになります。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!
アスキーグルメ 最新連載・特集一覧