このページの本文へ

従来モデルから性能25%向上させたハイエンドモデル

ティントリ、3D NAND採用のハイブリッドアレイを投入

2016年09月27日 07時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月26日、ティントリジャパンはハイブリッドアレイ「Tintri VMstore T800ハイブリッド シリーズ」のハイエンドモデル「Tintri VMstore T885」の販売を開始した。高速なCPUを搭載するほか、3D NANDのフラッシュを採用することで、従来モデルから性能を25%ならびに論理実効容量を20%向上させたという。

ハイエンドモデル「Tintri VMstore T885」

 HDDとSSDのハイブリッドアレイのハイエンドモデルであるTintri VMstore T885は、4Uのサイズで従来製品と比較し、論理実効容量で20%拡張した120TBをサポート。加えて性能は25%向上し、1つの筐体で13万2000IOPSの性能を発揮するという。オプションのVMスケールアウトのソフトウェアにより32筐体を疎結合でスケールアウトすることで、最大約422万IOPSの仮想環境向けストレージ プールを提供する。今回の発表により、1仮想マシンの最大vDisk容量は64TBまでサポートするようになり、既存の物理ファイルサーバーを仮想環境に移行してTintri VMstore上で稼働させ、ストレージの集約化や管理の簡素化が実現するという。

 製品の参考価格は4857万6000円で、東芝ITサービス、ネットワールド、ネットワンパートナーズ、ノックス、富士通エフサス、丸紅情報システムズ、ユニアデックスなどの販売パートナーから提供される。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ