このページの本文へ

雨風ピークや交通影響予測を24時間体制で解説

スマホで台風チェック、13号情報を「ウェザーニュースタッチ」で配信

2016年09月07日 14時56分更新

文● 山口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ウェザーニューズは9月7日、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」にて、台風13号情報の配信開始を発表した。「台風ピンポイント天気」や、「スマートアラーム(台風)」を通じ、最多・最新・最速の台風13号情報を24時間体制で配信する。

雨風ピーク、予報センター解説交通への影響予測

 台風ピンポイント天気は、GPS による位置情報を利用して、現在地の台風最接近時間、雨風ピーク、予報センターの台風解説、交通への影響予測が確認でき、自分がいる場所に台風がどういう影響をもたらすのかを詳細に把握できるサービスだ。テレビの天気予報の台風の予報円ではわからない、自分にとっての台風の影響がわかるという。

スマートアラーム設定画面スマートアラームサンプル

 スマートアラームの「台風」の設定をオンにしておくと、GPS機能を利用し、出張先や旅行先でも自分の現在地に合わせて、台風の接近・上陸に関する情報や、雨・風の強さ、交通機関への影響など、ピンポイントの台風情報を受け取ることができる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン