このページの本文へ

新機能TOUCH FX搭載でさらにライブ性が高まった

コルグ「volca kick」強力サウンドを放つアナログ・キック・ジェネレーター

2016年09月01日 20時04分更新

文● 山口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 コルグは9月1日、MS-20のフィルターの強烈な発振音を軸に多彩なキック・ドラム、キック・ベース・サウンドを生み出すアナログ・キック・ジェネレーター「volca kick」を発表した。発売予定は10月下旬。価格は1万9440円。

 volca kickは、キックの音作りを追求するアナログ・キック・ジェネレーターだ。MS-20前期型フィルターの強烈な発振音を軸にしたアナログ回路で、複雑な倍音を強力に含んだキック・ドラムやヌケの良いキック・ベースなど、アナログならではの多彩なキック・サウンドを特徴とする。また、volcaの特色ある16ステップ・シーケンサーは、エフェクトを瞬時にコントロールできる新機能TOUCH FXを搭載してさらにライブ性を高めたという。シーケンス・エフェクトは、音を連打するロール機能、1~2オクターブ上昇させるオクターブ機能などを搭載している。

 MS-20フィルターによるアナログ・キック・ジェネレーター回路に加え、複数の歪み段を含むアナログ・ドライブを搭載。歪みのレベルとタイプがツマミ1つで変化し、キックのバリエーションと勢いが増大する。また、高域の量を調節するトーン・コントロールで、サウンド・キャラクターを一変させることが可能だという。

 コルグのグルーヴ・マシンと手軽に接続できるシンク端子を装備しているので、他のvolcaシリーズやelectribe、SQ-1などのマシンと接続し、シーケンサーを同期再生してセッションができる。また、スタンダードなMIDI IN端子を装備。volca kickをDAWなどの音源モジュールとして活用可能だ。

 主な仕様は、鍵盤部がマルチタッチ鍵盤/ステップ・キー、シーケンサーは、パート数は1、ステップ数は16、記録パターン数は16(サウンド・プログラムを含む)、コントロールはPattern Chain、Motion Sequence、Touch FX、Active Step、Accent、Slide、Bend Reverse、Roll(1/4、1/2、1/1、4/3、2/1、3/1)、Octave(1 Oct Up、2 Oct Up)、Sustain、Swing、インターフェースは、ヘッドフォン端子、シンク・イン、シンク・アウト、MIDI IN。

■関連サイト

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中