このページの本文へ

スマホからオモチャが操作できる!? 魔法の乾電池「MaBeee」が発売

2016年08月05日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スマートフォンから様々な製品を操作できるようになる、乾電池型のIoTデバイス「MaBeee」(型番:MB-3002WB)が発売。ツクモ パソコン本店やドスパラ パーツ館にて販売が始まっている。

パッと見は単なる電池のようにみえる、IoTデバイス「MaBeee」が発売。電池駆動の機器をスマホから操作できるというからビックリだ

 乾電池で動く製品をスマートフォンを使って操作可能にする、乾電池の形をしたIoTデバイス。単3電池で駆動するオモチャなどにセットすれば、スマートフォンからアプリ経由で操作できるという不思議なアイテムだ。

 アプリ上のボタン操作はもとより、スマートフォンの傾きや振った際の動作、声の大きさなど、開発次第で様々なスマートフォンの操作で対象の製品を動かすことが可能。こうした動作は、スマートフォン操作の強弱に合わせて電池の出力を調整することで実現しているという。

中には単4電池を装着。スマホ操作の強弱を読み取って出力を調整、操作を可能にしているという。オモチャをスマホから動かしたり止めたりと、自在に制御できるぞ

 スマートフォンとの接続はBluetooth 4.1で、使用可能範囲は約10m、同時接続台数は10台。最大電流は2Aまでサポート、複数の電池を必要とする機器でもMaBeeeは1本あれば制御可能だ。スマートフォンの対応OSは、iOS8以降、Android 4.4以降(Bluetooth Low Energy必須)とされる。

 ツクモ、ドスパラにおける販売価格はそれぞれ4980円(税抜)だ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン