このページの本文へ

mineoが京阪の駅ナカコンビニで訪日外国人向けSIMを販売

2016年07月26日 16時31分更新

文● オカモト/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ケイ・オプティコムと京阪ザ・ストアは、京阪沿線などで展開するコンビニエンスストア「アンスリー」の一部店舗において、訪日外国人向けのプリペイドSIM「Prepaid SIM for Japan Travel」の販売を8月1日から開始すると発表した。

 Prepaid SIM for Japan Travelは、昨年10月に発売されたドコモ網を利用したデータ専用のプリペイドSIMで価格は2800円。最大6日間、データ通信が基本的に無制限で利用可能(ただし、12:15~12:45の間は200kbpsに制限)。またパッケージには日本語のほか、英語、中国語、韓国語、タイ語の5ヵ国語での表示。さらに専用のコールセンターも用意している。

 実際に販売するのは、訪日外国人が多い、出町柳/三条/祇園四条/京橋/天満橋/地下鉄淀屋橋/地下鉄新大阪の7店舗で、今後拡大を検討しているとのことだ。


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン