このページの本文へ

「A10 Thunerシリーズ」と富士通製SDNコントローラーを組み合わせ、回線負荷オフロード

FNETS、「Office 365」利用時のプロキシ負荷低減ソリューション

2016年06月08日 06時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 富士通ネットワークソリューションズ(FNETS)は6月7日、「Office 365」などのSaaSを利用する際のネットワーク負荷を軽減するSDNソリューションを提供開始した。「A10 Thunderシリーズ」のクラウドプロキシ機能を利用する。

 プロキシサーバーを介してインターネット接続している企業ネットワークでは、Office 365(O365)のようなクラウドアプリケーション/SaaSを利用する際、プロキシサーバーにかかる負荷が高くなり、アプリケーションパフォーマンスの低下が発生する可能性がある。

 FNETSのソリューションでは、A10 Thunderシリーズが提供するクラウドプロキシソリューションと連携することで、O365など特定のトラフィックをオフロードしてプロキシサーバーの負荷を低減する。

A10 Thunderの「クラウドプロキシソリューション」を適用することで、O365へのトラフィックをオフロードし、プロキシサーバーの負荷を低減

 このとき、A10 Thunderではトラフィック識別のために「URLリスト」を用いるが、O365では不定期にドメイン更新が行われるため、管理者による定期的なURLリストの変更が必要となる。そこでFNETSでは、ドメインの更新状況を確認し、更新があった場合にURLリストの自動更新を行うSDNソリューションを提供する。

O365のドメイン更新に応じて、A10上の「URLリスト」を自動更新するソリューションを提供し、管理負荷を軽減

 なお、このソリューションはO365以外のクラウドアプリケーション/SaaSにも適用可能となっている。FNETSでは今後、今回のソリューションにも採用している富士通のSDNコントローラ「FUJITSU Network VELCOUN-X」をさらに活用し、A10 Thunderシリーズのファイウォール機能やDDoS防御機能との自動連携SDNソリューションを展開していく予定。

カテゴリートップへ

ピックアップ