このページの本文へ

押すなよ? ダチョウ倶楽部がGalaxy S7 edgeの実力を身をもって体験!

2016年05月19日 15時35分更新

文● スピーディー末岡/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 夏スマホして発表された「Galaxy S7 edge」(サムスン電子製)。今日19日発売と、夏モデルの中では一足先にリリースとなった。

 その発売を記念して、東京駅近くの商業施設「KITTE」にてお披露目イベントが開催された。会場にはタレントのダチョウ倶楽部さんも駆けつけて、実際にGalaxy S7 edgeを体験していた。

KITTE内の吹き抜けにもGalaxy!サムスン電子ジャパン 代表取締役 CEO 堤 浩幸氏
もはや伝統芸と言われるリアクション芸を確立させたダチョウ倶楽部さん

 プレゼンテーションを行なったのはサムスン電子ジャパン社長・堤 浩幸氏。スペックの話はそこそこに、カメラ機能や防水防塵など、改めて力強くアピールした。

 とはいえ、言葉だけではなかなか伝わらないのがスマホの機能。ここでダチョウ倶楽部さんがカラダを張ったデモンストレーションを行なったのである。用意された浴槽の前で、寺門ジモンさんと肥後克広さんが金魚すくいアプリを使って「水の中で操作できる!」とリアクション。次に、浴槽にまたがった上島竜平さんが、堤社長にGalaxy S7 edgeを手渡される際、お約束の「押すなよ? 押すなよ?」といいつつも、ジモンさんに突き落とされるネタを披露。Galaxy S7 edgeとともに浴槽に沈んだが、どちらも無事だった。

肥後さんと寺門さんが金魚すくいアプリで遊んでいると……「俺にもやらせてくれ!」と上島さん。堤社長からGalaxy S7 edgeを手渡されるときに
寺門さんによって突き落とされる上島さんそして口から水を吹いて無事を確認。ここまでが一連の芸です

 なお、このKITTEに設置された「Galaxy Studio」は今日19日から6月8日までの期間限定ブース。Galaxy S7 edgeのタッチ&トライのほかに、ジェットコースターやサーフィンが楽しめるGear VRのアトラクションや、サムスン電子の歴代端末(オリンピックモデル)の展示、デジタル金魚すくいなどが楽しめる。入場は無料。

これがジェットコースターを楽しめる4DXシアター。360度を見渡せるだけでなく、シートが動くので、まるで遊園地で遊んでいるかのような体験ができる
上島さんはこの手のものは苦手らしく、早々にギブアップしてしまった

 また、来場者にはスタンプカードは手渡され、各ブースをまわってスタンプを集めると、Galaxy S7 edgeなどがもらえる「Galaxy Challenge」に参加ができる。

 とくに4DXシアターは一度は体験しておくべし!

VRヘッドマウントディスプレーの「Gear VR」と、全天球 VR カメラ「Gear 360」のブース
サムスン電子製のスマートウォッチ「Gear S2」にも触れられる
バーチャルな金魚すくいも楽しめる。水の中でもタッチ操作ができるのは驚き!
昔懐かしの端末から最新のGalaxyまで、歴代オリンピックコラボモデルも展示されている
もうひとつのVRシアターはサーフィン。バランスを取るのが難しそうだ
ドコモ「Galaxy S7 edge SC-02H」の主なスペック
メーカー サムスン電子
ディスプレー 5.5型有機EL
画面解像度 1440×2560ドット
サイズ 約73×151×7.7mm
重量 約158g
CPU Snapdragon 820
2.2GHz+1.6GHz(クアッドコア)
内蔵メモリー 4GB
内蔵ストレージ 32GB
外部ストレージ microSDXC(最大200GB)
OS Android 6.0
最大通信速度 下り最大375Mbps
LTE対応周波数 2GHz/1.5GHz/1.7GHz
/800MHz/700MHz
キャリアアグリゲーション ○(2GHz+800MHz+1.7GHz)
VoLTE ○(HD+)
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 リア:1220万画素(F値1.7)
/イン:500万画素(F値1.7)
バッテリー容量 3600mAh(交換不可)
FeliCa
NFC
ワンセグ/フルセグ ○/○
赤外線通信 ×
防水/防塵 IPX5、8/IP6X
生体認証 ○(指紋認証)
SIM形状 nanoSIM
連続待受時間(LTE/3G) 約420時間/約450時間
連続通話時間(LTE/3G) 約1260分/約1350分
カラバリ Black Onyx、White Pearl、Pink Gold
発売時期 5月19日

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン