このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

MSオフィス中心ならSurface Pro 4よりオススメ!? 「ideapad MIIX 700」レビュー

2016年04月30日 10時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 レノボ・ジャパンの12型Windowsタブレット「ideapad MIIX 700」は、日本マイクロソフトの「Surface Pro 4」Core m3搭載モデルのライバルにあたる存在。大きな違いは、キーボード付きカバー「キーボードフォリオ」が標準添付というおかげで、買ってそのままノートPCのように使える点で、スタイラスは標準では用意されていない(Surface Pro 4はキーボード別売で、スタイラスが標準添付)。

 そのため、スタイラスを駆使してグラフィックツール・動画編集ツールでアート作品を作る予定はないが、業務や大学の授業などでワードやエクセルをサクッと使いたい、あるいは、ウェブでの情報収集や職場・大学のゼミのメンバーとのメールなどが中心という方にはうって付けの製品となっている。「ideapad MIIX 700」は、いわば“普段使い”の点で使い勝手の良さを目指したタブレットといえるのだ。

レノボ・ジャパンの12型Windowsタブレット「ideapad MIIX 700」。キーボード付きカバー「キーボードフォリオ」が標準添付

 しかも「ideapad MIIX 700」なら、価格が手ごろという点も見逃せない。直販限定モデルの販売価格は14万円台前半からとなっているものの、クーポンを利用することで税込み9万9036円(2016年4月25日現在)で購入できるCore m3-6Y30(900MHz)モデルが用意されている(台数限定)。スペックやモデルによって割引率が違っているので、直販サイトをコマメにチェックしてみるといい。オフィス付きモデルやよりマシンパワーが必要な方向けのCore m5-6Y54(1.1GHz)搭載モデルも購入可能だ。

A4ノートサイズで、本体の厚さ約9mm。キーボード装着時の重量は約1.08kg

 「ideapad MIIX 700」本体のサイズは、約幅292×奥行き210×高さ9mm、キーボード装着時は約幅293×奥行き224×高さ14.5mm。やや厚みのあるA4(約幅296×奥行き210mm)サイズのノートといった印象で、手に持って持ち運びやすく、カバンへの出し入れもすんなり行なえる。重量は、本体部分のみで約750gで、フォリオキーボード装着時は約1.08kg。12.3型のSurface Pro 4(Core m3モデル)本体が重量約767g、12.9インチiPad Pro(Wi-Fiモデル)が約713gとなっており、12型タブレットとしては平均的。2in1タイプのノートと考えれば非常に軽く、日常的に持ち歩いても重さは気にならないだろう。

カラバリはエボニーブラックとシャンパンゴールドの2色

 「ideapad MIIX 700」のカラーバリエーションは、量販店モデルではエボニーブラックのみ用意され、直販サイトではエボニーブラックとシャンパンゴールドの2色が選べるようになっている。

 試用機として利用したものはシャンパンゴールドで、実物は意外と派手すぎる印象はない。その理由は、標準添付のキーボード付きカバー「キーボードフォリオ」のデザインにあり、底面側が革シボ風の処理がなされており質感も好印象なのだ。どうしても気にかかるなら、「ideapad MIIX 700」の本体色としてエボニーブラックを選んでおくと、非常に落ち着いた雰囲気になるはずだ。

キーボード付きカバー「キーボードフォリオ」底面側は革シボ風の処理がされており、質感はいい

レノボ独自の「デュアル・ウォッチバンド・ヒンジ」

 デザインという点では、背面側にある可動式スタンドも特徴的で、このスタンドを使って自立させられる。可動式スタンドのヒンジ部には、レノボ独自の「デュアル・ウォッチバンド・ヒンジ」を採用しており、デザイン性も重視されている。デュアル・ウォッチバンド・ヒンジは無段階調整が可能で、動きはなめらかそのもの。カフェのテーブルなどに置く場合でもサッと見やすい角度にセッティングしやすい。

背面側。デザインという点では、可動式スタンドも特徴的
可動式スタンドは、本体側にあるへこみ部分に指をあてると開きやすい
可動式スタンドを閉じた状態(写真左)。「ideapad MIIX 700」を使う場合は、この状態から、へこみ部分に指をあてて写真中央のように開いた状態にし、写真右のように立てかけるという流れが多くなる
レノボ独自の「デュアル・ウォッチバンド・ヒンジ」は、無段階調整が可能でセッティングしやすい。「ideapad MIIX 700」を毎日使う予定の方は、閉じた状態からストレスなくサッと開いて立てかけられるか、チェックしてみるといいだろう
キーボード付きカバー「キーボードフォリオ」を装着したままでも、この角度まで倒せる

前へ 1 2 3 次へ