このページの本文へ

Fractal Design「Define Nano S-Black-Window version」、「Define Nano S-Black」

Fractal DesignからMini-ITXケースの新製品「Define Nano S」が発売

2016年04月16日 23時21分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Fractal Designから、Mini-ITX対応PCケースの新製品「Define Nano S」が発売された。ラインナップはアクリルウィンドウモデル「Define Nano S-Black-Window version」と、ノーマルモデル「Define Nano S-Black」の2モデルが用意される。

Fractal Designから発売された、Mini-ITX対応PCケースの新製品「Define Nano S」

 「Define Nano S」は、フロント部のドライブベイを排除し、水冷用ラジエーターやポンプ、リザーバータンクなどの搭載を想定した作りが特長。そのため、全体サイズは203(W)×400(D)×330(H)mmとMini-ITX対応ケースとしては大きめとなっている。

 ベイ数は3.5インチシャドウベイ×2、2.5インチシャドウベイ×2。冷却ファンは、フロント120/140mm×2(140mmファン×1標準装備)、リア120mm×1(標準装備)、トップ120/140mm×2、ボトム120mm×1で、トップ部には内部からの音をシャットダウンする「ModuVent」を備えている。

DIY水冷の仕様も想定しているため内部は広々とした作り。トップ部には内部からの音をシャットダウンする「ModuVent」を備えている

 そのほか、奥行160mmまでのATX電源ユニットや、全高160mmまでのCPUクーラー、長さに315mmまでのビデオカードに対応する。

 価格は「Define Nano S-Black-Window version」が1万3824円、「Define Nano S-Black」が1万1880円。パソコンショップアークやツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.、ドスパラ パーツ館(「Define Nano S-Black」のみ)で販売中だ。

ラインナップは2モデル。ツクモパソコン本店ではウィンドウモデルに水冷を組み込んだデモ機を展示中だ

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中