このページの本文へ

「すらら」と共同でAIと自然対話を活用した学習支援

AIは児童の学習意欲を向上させるか - ドコモ、クラウド型学習システム用「AIサポーター」共同開発

2016年04月11日 16時30分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
オリジナルキャラクターによる会話例

 NTTドコモは4月11日、すららネットが提供するクラウド型学習システム「すらら」に、自然対話プラットフォームを活用した「AIサポーター」を共同開発したと発表した。

 すららは小学校高学年から高校3年生までを対象としたクラウド型学習システム。生徒が継続して学習に取り組めるよう「すららコーチ」と呼ばれる現役塾講師による遠隔フォローを行なっているが、新たに「AIサポーター」を搭載することで細かな学習支援が可能となる。

「AIサポーター」機能概要

 ドコモの自然対話プラットフォームは、シナリオ対話と雑談対話の機能が搭載されている。すららでは4月24日からトライアル提供を開始し、自然な対話による学習意欲向上、モチベーションの持続などの検証を進めて機能の商用化を目指す。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン