このページの本文へ

コントローラーアプリケーションを使ってドローンの操作も可能

マイノリティ・リポートみたい! 指先で大画面を遠隔捜索する「BIRD」がすごい

2016年03月25日 17時00分更新

文● 八尋/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
MUV Interactiveが、指先に装着しプロジェクターなどに投影した画面を直観的に操作できるウェアラブルデバイス「BIRD」を日本国内で発売

 イスラエルで設立されたベンチャー企業のMUV Interactiveが、指先に装着しプロジェクターなどに投影した画面を直観的に操作できるウェアラブルデバイス「BIRD」を日本国内で発売する。3月24日に発表会を開催し、BIRDを使ったデモンストレーションを披露した。

左からMUV Interactive ゼネラルマネージャーの森下 正敏氏、MUV Interactive COO&Co-Founderのユバール・ベンジーブ氏、MUV Interactive CEO&Founderのラミ・パーハム氏、シリコンテクノロジー 代表取締役社長の四方堂第五郎氏、シリコンテクノロジー 技術部長のアイマン・アルクーリー氏

250型までの大画面に対応、指先1つで直観的に操作

BIRDは、人差し指に装着する本体と、スクリーン機器にUSB接続するセンサーで構成
センサーはBluetoothで端末と接続するパソコンで専用アプリケーションをダウンロードすれば使用できる

 BIRDは、指先に装着する本体と、ディスプレーやプロジェクターなどのスクリーン機器にUSB接続するセンサー部分で構成される。パソコンやタブレットのアプリケーションをスクリーン機器に投影し、大画面でもタブレットのようなタッチ操作やパソコンでマウスを使ったような操作などを自由自在に遠隔でできる。

 250型までの大画面に対応し、硬いホワイトボードや、柔らかいロールアップスクリーン、机の上など、硬さや角度関係なく操作可能だ。画面からおよそ10m離れたところから操作でき、1mm以下の小さなボタンでもクリックできる正確さを実現しているのも特徴となっている。

ロールアップスクリーンなど柔らかい素材でも、壁など硬い素材でも投影すれば操作が可能
机の上に投影しても操作できる
小さなボタンでも正確にクリックできる

 画面に近づき、BIRDを使って直接タッチしたり、遠くから遠隔(リモートタッチ)で操作することが可能。本体にタッチパッドを備え、タップすると選択、上下に擦るとズームインアウト、左右にスワイプするとウェブページなどに切り替えができる。また、ジェスチャーによる操作も可能。例えばパワーポイントでは、左右にスワイプする動作をすればスライド移動が、上に動かせばプレゼンモード開始、下に動かせばプレゼンモードを終了できる。

基本操作は、タッチ、リモートタッチのほか、ピンチの代わりになるハンドシェーク(タッチしたいポイントを狙って、BIRDのタッチパッドをタップする)の3つジェスチャーを使った操作も可能
タッチパッドを備える
デモでは、タッチ操作やリモート操作で本のページをめくったり、全天球カメラで撮影した写真をズームインアウトする操作を披露

 本体をテーブルの上に置くなど操作をやめると、自動的にパワーセーブモードに切り替わり、小型の専用クレードルを使用すればおよそ30分でフル充電が完了する。そのほか、ドローンのコントローラーアプリケーションにより、BIRDを使ってドローンを操作することも可能だ。今後は、AR・VR機器などとの連携も予定しているという。

ドローンのコントローラーアプリケーションにより、BIRDを使ってドローンを操作することも可能ゲームもできる
今後はVR・ARとの連携も視野に入れているという

 予想価格は5万3784円。シリコンテクノロジーが輸入総代理店を担当し、ソフトバンクコマース&サービスやリコージャパン、ドスパラなどのパートナーを通じて3月24日より予約受付を開始する。また、4月中旬より、ドスパラで数量限定の先行販売も実施予定だ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン