このページの本文へ

サポート期限が短くなったとおもったら1年伸びた

マイクロソフト、Skylake搭載マシンのWindows 7/8.1サポートを延長

2016年03月22日 17時52分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

サポートポリシーの更新に関するお知らせ

 マイクロソフトは3月19日、Skylake搭載デバイス上のWindows 7/8.1サポートポリシーの更新を発表した。サポートが1年延長される。

 Intelの最新アークテクチャであるSkylake(第6世代Intel Core iプロセッサー)を搭載したPCは現在でも各種製品が発売されているが、2016年1月にはSkylakeデバイス上で動作するWindows 7およびWindows 8.1のサポート期限は2017年7月17日へと短縮すると発表された。今回の更新では、再びサポートが延長され、2018年7月17日までへと1年間伸びることになる。

 また、2018年7月以降でも全ての緊急セキュリティアップデートを延長サポート期間中提供するという(Windows 7は2020年1月14日まで、Windows 8.1は2023年1月10日まで)。これはWindows 10への移行を進めながらも最新のハードウェアを安心して購入・利用できるための配慮だという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン