このページの本文へ

Black Ice「Hardware Labs Black Ice SR2 MP」シリーズ

マルチポート仕様で低回転向けの水冷ラジエーターがBlack Iceから

2016年03月08日 23時45分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Black Iceから、低速回転のファン向けとされるラジエーター「Hardware Labs Black Ice SR2 MP」シリーズが登場。オリオスペックで販売中だ。

低速回転のファン向けとされるラジエーター「Hardware Labs Black Ice SR2 MP」シリーズ。240mm~480mmまで3モデルがそろう

 「Hardware Labs Black Ice SR2 MP」シリーズは、120mmファンに対応し、全長240mmサイズ「Hardware Labs Black Ice SR2 240 MP」、360mmサイズ「Hardware Labs Black Ice SR2 360 MP」、480mmサイズ「Hardware Labs Black Ice SR2 480 MP」の3モデルをラインナップ。

 いずれも800rpm程度の低速回転ファン向けとされているほか、従来モデルと比べて水流管の面積が50%ほど広くなっているという。またG1/4対応のフィッティング接続口は、IN/OUT合計8ポートが用意されるマルチポート仕様となっている点も特徴だ。

 なお、本体サイズは「Hardware Labs Black Ice SR2 240 MP」が278(W)×133(D)×60(H)mm、「Hardware Labs Black Ice SR2 360 MP」が398(W)×133(D)×60(H)mm、「Hardware Labs Black Ice SR2 480 MP」が518(W)×133(D)×60(H)mm。

 価格は順に1万5498円、2万531円、2万5726円となっている。

IN/OUT合計8ポートが用意されるマルチポート仕様で、搭載時にチューブの向きを気にする必要がない

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中