このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

これぞ自作の醍醐味!

発売前の新ケース公開もあったツクモの改造PCイベント

2016年02月20日 23時30分更新

文● 北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

会場に展示されていたMODPC

モノクロにこだわったタワーMOD(タワー型ケースを使用したMODPCのこと)。パーツもケーブルもすべてモノクロ

光り物好きのMODerが作ったケースMOD。フォロントファンがカッコイイ

キューブ型ケースに水冷を収めた作品。ラジエーターとタンクがケース外に出ているが違和感がない

スパイダーマンに登場する悪役ヴェノムをイメージしたケースMOD。色にこだわりを感じる

初音ミク仕様の魅せるPC。CPUの水冷ブロックにも初音ミクのロゴがある凝りよう!

MSI好きの製作者が、MSIのパーツで構成した水冷PC

ITCのPCケース「黒鼓」を、あの缶飲料風に塗装したペインティングMOD

グリーンとUV紫をテーマにした作品。ブラックライトを当てると紫色に光る

InWinのPCケース「tou」に、水冷パイプを配管したウォーターMOD。いかに美しく水冷システムを見せるかにこだわった作品だ

映画マトリックスをイメージしたケースMOD

MODPCをオークションで販売
落札金額の半分はチャリティに寄付

 エムエスアイコンピュータージャパンの協力により、イベント中に制作したMODPCと、展示機1台をオークションで販売し、落差金額の半分を台湾南部地震のチャリティプログラムに寄付することとなった。

 さらに、オークション落札金額の50%と、エムエスアイコンピュータージャパンのマザーボード部門による10万円を足した金額が、台湾南部復興支援募金機関に寄付される。

オークションの詳細はこちら

出品されるのはこの2台

【取材協力】

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中