このページの本文へ

1万円台イヤフォンから変わり種スピーカーまで、今旬のBluetoothオーディオを聴きまくる! 第1回

予想外にレベルが高い! 1万円前後で買えるBluetoothイヤフォン/ヘッドフォン

2016年02月15日 10時00分更新

文● 鳥居一豊

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

コンパクトなカナル型のスポーツ仕様モデル
JBL 「REFLECT MINI BT」

コンパクトでケーブルもやや短めの「REFLECT MINI BT」

コンパクトでケーブルもやや短めの「REFLECT MINI BT」

本体部。コンパクトなカナル型でスタビライザー付きのイヤーチップの採用もあり、装着感は軽快かつ安定感がある

本体部。コンパクトなカナル型でスタビライザー付きのイヤーチップの採用もあり、装着感は軽快かつ安定感がある

コードについたリモコン部。ハンズフリー通話が可能なマイク付きの3ボタンリモコンを採用

コードについたリモコン部。ハンズフリー通話が可能なマイク付きの3ボタンリモコンを採用

リモコン部にはバッテリーも内蔵しており、充電はmicroUSB端子。端子部は防水キャップで保護されている

リモコン部にはバッテリーを内蔵しており、充電はmicroUSB端子。端子部は防水キャップで保護されている

 JBLの「REFLECT MINI BT」(実売価格 1万3000円前後)もスポーツ仕様のBluetoothイヤフォンだ。

 装着感を高めるスタビライザーを備えたスポーツ用イヤチップを備え、IPX4対応の防滴仕様となっており、汗をかいても故障の心配がない。

 カナル型のコンパクトなボディーのモデルながら、連続約8時間も音楽再生ができるので実用性も十分だ。

 カラーはブルー、ブラック、レッド、グリーンの4色で、いずれも反射材をケーブルの被覆に使用しているため、暗い場所でも視認性が高く、夜間のランニングでも安心。

 ハウジングはかなりコンパクトで、これでワイヤレスなのかと心配になるほど。左右のハウジングは55cmのケーブルでつながっており、ケーブルを首にひっかける感じで装着する。

装着イメージ。リモコンは左側に来る

装着イメージ。リモコンは左側の耳の下に来るイメージ

 カナル型なので装着してしまうと重さはまったく感じないし、爪のようなスタビライザーが耳にピタリとフィットするのでズレるような感じもない。長い接続用ケーブルがぶらさがっているわけでもないので、ケーブルの重みでハウジングが引っ張られるような感じもない。これはワイヤレスならではの軽快さだ。

スカっとヌケのいい音で軽快に音楽を楽しめる

 ドライバーユニットは5.8mmドライバーを採用。JBLのイヤフォンは中低域が充実した骨太なサウンドが特徴と思っているが、REFLECT MINI BTは低音はほどほど。ヌケの良いクリアーなサウンドだ。見た目と同様に弾むような軽快感がある。

 「ガールズ&パンツァー劇場版」のサントラを聴いてみると、トランペットなどの金管楽器が明るく鮮明に鳴り、はつらつとした音になる。低音パートや打楽器などの低音は少々軽やかだが、リズムはしっかりと感じるしアタックの力強さも案外しっかりとしている。このあたりはJBLらしい上手いまとめ方だ。

 同じくガルパン劇場版の主題歌である「ピース・オブ・ユース」を聴くと、ボーカルが明るくはきはきとした雰囲気で再現された。声の厚みや力感がしっかりとしているので、軽快感のあるサウンドとは思えないエネルギー感もある。声の帯域や中音域が充実しているので、聴き応えは十分だ。

 Bluetoothの対応コーデックはSBCのみだが、音質の劣化感はほとんど感じない。これだけコンパクトなサイズで、音の点でもしっかりとしているのはかなり魅力的。スポーツ用のイヤーチップのほか、通常の形状のイヤーチップも付属しているので、スポーツ用途だけでなく日常用として使っても良さそうに思った。

カテゴリートップへ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画