このページの本文へ

性能怪獣に光学3倍ズームが! 「ZenFone Zoom」が日本に上陸!

2016年01月25日 19時30分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ノートPC級のスペックに
光学3倍ズームのカメラを搭載!

 ミドルからハイエンドまで、SIMフリースマホの「ZenFone」シリーズを多数展開しているASUS JAPANは、今日25日、都内で新モデル「ZenFone Zoom」(ZX551ML)の発表を行なった。ZenFone 2の流れをくむハイスペックモデルに光学3倍ズームカメラを搭載したカメラ特化型スマホになる。

 発表会では同社会長のジョニー・シー氏が登壇、ZenFone Zoomの魅力をプレゼンテーションし、デジタルズームではなく光学ズームを搭載したこだわりなどを話した。通常の光学ズームは本体からレンズが伸びることで焦点距離を調整するが、ZenFone Zoomでは光学ズームユニットを横向きに設置することで、レンズを伸ばさずに光学3倍ズームを可能にしたという。

ASUS JAPAN 会長 ジョニー・シー氏。テンション高めにZenFone Zoomのスペックの良さをアピールした

インテル 代表取締役社長 江田麻季子氏

レンズ供給元のHOYAグループ オプティクス事業部 DCM SBU SBU長 神原 稔氏

 スペックはディスプレーが5.5型(1080×1920ドット)、CPUはインテルのAtom Z3590かZ3580が搭載され、メモリー4GB、内蔵ストレージは32~128GBと幅広い。リアカメラは1300万画素、フロントカメラは500万画素、光学3倍ズームのほかには4段分の光学手ブレ補正や0.03秒のレーザーオートフォーカスも備えている。バッテリー容量は3000mAhで、急速充電に対応する。

ゲストスピーカーとして招かれた、世界一有名な柴犬まるのパパこと、小野慎二郎氏。光学ズームを使うことで、まるを撮影しやすくなったとのこと

 ZenFone Zoomは3モデルが用意され、最上位モデルとなるのが、CPUにAtom Z3590(2.50GHz)、内蔵ストレージが128GBのZX551ML-BK(WH)128S4、その下にCPUがAtom Z3580(2.33GHz)、内蔵ストレージが64GB、そしてCPUは同じZ3580だが内蔵ストレージが32GBのモデルがラインナップされる。カラバリはブラックとホワイトだが、本革の背面カバー「プレミアムレザーカバーモデル」は内蔵ストレージが64GB、128GBの2モデルに用意される。

光学3倍のレンズをこの薄さに収め、さらに手ぶれ補正まで実現している。ハードキーでコンデジライクに使えるのもお手軽だ

毎度おなじみ、価格を高らかに公表するジョニー・シー氏。かなり価格を抑えてきた印象だ

SIMフリーなので、各MVNOのSIMを使って格安運用ができる。対応バンドが多いのも魅力的

 通信速度は下り最大150Mbps、LTEの対応バンドはFDD-LTEが1/2/3/5/7/8/9/18/19/28、TDD-LTEが38/39/40/41。W-CDMAは1/2/5/6/8/19、Wi-FiはIEEE 802.11a/b/g/n/acに対応する。

 価格は128GBモデルが6万8800円(以下すべて税別)、64GBの本革モデルが5万9800円、64GBのプラスチック背面カバーモデルが5万5800円、32GBモデルが4万9800円。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン