このページの本文へ

1920×1200ドット、質量23kg、500型まで対応

リコー、2灯式1万2000lmの最上位プロジェクター

2016年01月22日 17時15分更新

文● 貝塚/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 リコーは1月21日、2灯式光源を採用し、1万2000lmの輝度を実現したプロジェクター「RICOH PJ KU12000」を発表した。同社製プロジェクターのフラッグシップに位置付ける。

 主にイベント会場や大ホールでの使用を想定。使用中に万が一、片方のランプが切れても、中断せずにもう片側のランプで継続して投写可能。全6種類の交換式電動レンズはピント調整やフォーカスなどもリモコンで操作できる。プロジェクターを縦に設置するポートレート投写やマルチスクリーン機能、歪み補正機能にも対応。

 LANケーブルで映像を伝送する「HDBaseT」に対応し、長距離の配線工事が簡略化できるのも特徴。標準で5年間の無償保証付き。修理が必要となった際にプロジェクターの取り外し・取り付けを行なう保守サービスもオプションで用意した。

 主な仕様は単板DLP方式、230万4000画素(1920×1200ドット)、コントラスト比5000:1、投射サイズ50〜500型、投写距離0.9~77.6m、質量およそ23.8kg(レンズ除く)。2月15日に発売する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン