このページの本文へ

ヒューズ機構の搭載により漏電発熱/発火の危険性も減少

パナソニック、UHSスピードクラス3対応の高速・大容量SD/microSDカード

2016年01月22日 16時29分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

UHS-I対応SD/microSDカード

 パナソニックは1月22日、UHS-IおよびUHSスピードクラス3(U3)対応のSDカードおよびmicroSDカードを発表。2月19日に発売する。

 SDカードはSDXC UHS-Iの「RP-SDUC128JK」(128GB)。microSDカードはmicroSDXC UHS-Iの「RP-SMGB64GJK」(64GB)と、microSDHC UHS-Iの「RP-SMGB32GJK」、「RP-SMGB16GJK」(それぞれ32、16GB)が用意される。

 最大データ転送速度は95MB/s、書き込み90MB/s(RP‒SMGB16GJKは書き込み45MB)。防水、耐静電気、耐磁石、耐X線、耐衝撃、耐温度などの頑丈設計。さらに内部にヒューズ機能を搭載して、カード内部の破損においてもカード本体や発熱・発火を防ぐ機能が盛り込まれている。いずれも価格はオープンプライス。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン