MSI、近日発売のマザーボード3製品を国内初披露

文●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エムエスアイコンピュータージャパンは14日、近日発売予定のマザーボード新製品説明会を同社内で開催した。CES 2016で発表されたマザーボードが国内初披露となったので、ここではその3製品を紹介しよう。

CES 2016で発表されたマザーボードが、国内で初披露された

X99A GODLIKE GAMING CARBON Edition

 「X99A GODLIKE GAMING」の改良モデルで、Broadwell-Eへの最適化がされてるという。カラーリングも、これまでのMSI製品に見られた黒と赤から、黒とカーボーン調に変わっている。カラーを変えたのは、黒と赤以外のカラーリングも出してほしいというユーザーからの要望があったから、とのこと。

「X99A GODLIKE GAMING」。2月下旬~3月に発売予定で価格は未定

 また、従来のスロットに比べ4倍の強度を実現する「Steel Armor」を、メモリースロットにも採用することで、大きなヒートスプレッダを装着したメモリーの重量をしっかりと支え、電磁ノイズも防ぐようになっている。

金属でスロットを補強した「Steel Armor」を新たにメモリースロットにも搭載するのが従来モデルとの大きな違い

I/O部には、USB 3.1のType-Cコネクターを備える

Z170A GAMING PRO CARBON Edition

 「Z170A GAMING PRO」の改良モデル。PCIスロットがPCI Express x1に、USB 3.1コネクターの1つがType-C形状に変更されるなど、細かな変更点が多い。そのほか、USB 2.0が6ポートから8ポートに増え、USB 3.1(Gen.1)のヘッダピンも倍増している。

「Z170A GAMING PRO CARBON Edition」。1月23日発売予定で、予価は税抜2万1800円

「Z170A GAMING PRO」にあったPCIスロットがなくなり、代わりにPCI Express x1が1本増えた

ユーザーからの要望を反映し、SATAポートの向きを90度変え水平方向からアクセスするように変更された

USB 3.1(Gen.2)のコネクター形状が従来モデルのType-A×2から、Type-A×1+Type-C×1に変更されている

Z170A KRAIT GAMING 3X

 「Z170A KRAIT GAMING」のMSI30周年記念モデル。I/O部にUSB 3.1のType-Cコネクターを備える以外に、従来モデルからの変更点はない。なお、今後登場する30周年記念モデルには、型番の末尾に「3X」が付く。

「Z170A KRAIT GAMING 3X」。2月末ごろ発売予定で価格は未定

I/O部にUSB 3.1のType-Cコネクターを備える

【関連サイト】

過去記事アーカイブ

2020年
01月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2017年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
2016年
01月
03月
05月
06月
09月
11月
2015年
01月
03月
04月
06月
2014年
05月
06月
09月
10月
11月