このページの本文へ

超小型ビーコンなどで来店客の動きを可視化

位置情報で店舗運営を改善、富士通が「人流分析サービス」

2016年01月13日 12時00分更新

文● 川島弘之/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 富士通は1月13日、位置情報を活用したクラウドサービス「FUJITSU Intelligent Society Solution SPATIOWL」の新ラインアップとして、店舗運営を改善する「SPATIOWL 人流分析サービス」の提供を開始した。店内における来店客や販売員の動きを分析できる。

 SPATIOWL 人流分析サービスは、超小型ビーコンなどのセンシング技術によって、来店客の数や動線のデータを収集・分析し、集中するエリア・時間帯などを可視化して提供する。

「SPATIOWL 人流分析サービス」の概要

 特徴は、店舗運営の改善に向けたデータ活用を実現できること。例えば、商品を入れるカゴにビーコンを貼り付けることで、ビーコンからの信号を店内に設置した受信機で感知し、来店客の位置が把握できる。来店客の動線や滞在時間などのデータを収集し、混雑が起こりやすいスペースやほとんど立ち寄らないスペースなどを明確にすることで、店内のレイアウト構成に活かせる。

 また、販売員がビーコンを身につけることで、販売員の動きの違いを把握し、社員教育や店舗運営にも役立つという。

ビーコンの活用イメージ

 長期間データを収集すれば、どの季節のどの時間帯が混みあうのかを予測できるようになり、繁忙期に合わせた適切な人員配置や商品の拡充も可能となる。

 サービスでは、店舗の視察から、適切な位置への各種センサー・受信機の設置、データ収集・分析、報告書作成までをトータルに提供する。データ収集には個人を特定しないセンサーを使用し、個体の位置情報のみを収集するので、あらゆる分野で活用可能という。

データ分析結果

 価格は、店舗の敷地面積、計測期間により個別見積。

 今後は、周辺の交通状況や天気、近辺で行われるイベントの情報などをデータとして加えることで、来店傾向や購入要因などをさらに細かく分析できるようにする。販売目標は2018年度に累計3億円。

■関連サイト

カテゴリートップへ

  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!