このページの本文へ

電源回路の見直しで小さな太陽電池と内蔵充電池だけで動作

富士通、電池不要で形状自在な無線ビーコンを開発

2015年03月25日 15時24分更新

文● 行正和義/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
開発した電池交換不要の薄型ビーコン

 富士通研究所は3月25日、電池不要なうえ自在な形状に曲がる無線ビーコンユニットを開発したと発表した。

 低電力な無線ビーコンユニットは各種センサーネットワークや屋内測位など活用範囲の広いデバイスだが、ビーコン端末それぞれに給電、または電池交換する手間を考えると導入/運用コストがかさんでしまう。

 バッテリー動作のユニットでは、内蔵充電池への蓄電を管理する電源監視回路を備えるが、富士通研究所では必要な電力が蓄えられていれば電源監視回路への給電を一時的に停止する制御技術を開発。従来は通信直前に蓄電量のチェックという動作を省くことで電力変動を軽減し、電源ICも不要とした。

 これにより消費電力を大幅に削減し、太陽電池と充電池の組み合わせでは従来の約1/9の太陽電池で動作できるようにしたほか、電源ICなどの部品も削減できた。

 この技術を無線ビーコンに適用し、富士通アドバンステクノロジが開発した伸縮可能なシリコンベースの薄膜シートに実装し、厚み25mm、重さ3gの薄型軽量ビーコンを試作した。小型軽量・薄型なことに加えて柔軟性を持つため、曲面などに貼り付けて運用するのに適しているという。

カテゴリートップへ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通 FMV LIFEBOOK NH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK MH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK LH
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通