このページの本文へ

年末年始にお買い得なデジタル製品はこれだ!第2回

光学50倍超が2~3万円台で! 今冬のデジカメ購入は超望遠機が狙い目!!

2015年12月15日 13時00分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

最高感度でも実用的な画質
PowerShot SX530HSの画質をチェック!

実写撮影サンプル(広角側)

F3.4

F3.4

F4.0

F4.0

F5.6

F5.6

F8.0

F8.0

 絞り開放から画面全体にシャープで解像力も高い。ちょっと絞ると更に向上するが、絞り過ぎると若干だが甘くなってしまう傾向にある。

実写撮影サンプル(望遠側)

F6.5

F6.5

F8.0

F8.0

 絞り開放のほうがシャープだ。四隅では色収差も多少見えるが許容範囲内だろう。このクラスの中では画質はかなり高いといえる。

感度別撮影サンプル

ISO 100

ISO 100

ISO 200

ISO 200

ISO 400

ISO 400

ISO 800

ISO 800

ISO 1600

ISO 1600

ISO 3200

ISO 3200

 ノイズはISO 400くらいから出はじめているが、目立ってくるのはISO 1600くらいから。最高感度のISO 3200でもノイズは出ているもののディテールへの影響は少なく、実用性は十分だ。

動きのある被写体にも対応可能

エフェクト系の機能も備わっていて手軽に特殊な効果を楽しめる。写真は左がジオラマ風、右がトイカメラ風

望遠側でほぼ最短撮影距離で撮影。シャープネスも高く日常を切り取って楽しめる

望遠側でほぼ最短撮影距離で撮影。シャープネスも高く日常を切り取って楽しめる

遠景の解像力も高い。露出の安定性もよく、見たとおりの仕上がりやすいのがいい

遠景の解像力も高い。露出の安定性もよく、見たとおりの仕上がりやすいのがいい

 EVFは搭載しないが、望遠撮影に便利な機能や秒間10コマのハイスピード連写など使いやすい機能が揃っている。

 Wi-Fiも内蔵しているので、スマホとの連携も可能だ。AF駆動が速く、合焦も速いのでちょっとしたスポーツや動きのある被写体を追いかけて撮るのにも便利に使える。価格の割にお買い得感のある機種だ。

(次ページに続く、「光学60倍の撮影が可能な3万円台コンデジ ニコン COOLPIX P610

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン