このページの本文へ

知ってる? JR発車メロディのひみつ

2015年12月11日 12時00分更新

文● 盛田 諒(Ryo Morita)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

井出祐昭氏。発車メロディをプロデュースした

数千年前までさかのぼった

──発車メロディに変わるまでの駅構内はどんな状況だったんですか。

 まるでプロレス会場にいるような感じでした。

──にぎやかすぎるってことですかね。

 サインもぐちゃぐちゃ、発車ベルがうるさいという苦情もいっぱい来ていたんですよね。それをとにかくきれいにしよう、放送設備を変えようということで、当時は「クリーン作戦」と呼ばれていたんです。もう1つは多かった駆け込み乗車をどうしたら減らせるか、というのもテーマになりました。

──2つの課題があったと。初めはどうやってつくりはじめたんでしょう。

 普通こういうものは前例を見るんです。当時もご多分に漏れず探したんですが、前例はない。となると、自分の責任でイチから考えないといけない。

 しかし新宿で200万人が毎日のように聞く音となると、いったん嫌いになったらすごいことになる。「3割の法則」というものがあり、200万人の3割が「よくなった」と答えてくれたら大成功だというものです。ヒット曲をつくるようなもので、200万人のうち3割には好かれなければいけない。

 そうなると、普遍的なバックボーンに乗っかった作りにしないとだめだろうと。「ドレミ、ドレミ……」と直感で作ったとしても、なぜそうなのかという理由がつかない。そこを見つけなければと、数千年前まで調べたおしていきました。

──数千年前っていうと。

 狼煙(のろし)までいきました。

──もはや音じゃないところまで。

 時を知らせるもの、情報を、とくにどこかに行くきっかけを与えるもの、危ないと知らせるものについて調べまくったんですね。

──結局見つかったんですか?

 結論から言うと、ありませんでした。なのでもう自分たちで作るしかないとなり、困っちゃったなあということになって。で、実際にラジカセを持っていって、ホームの端でいろんなタイプのメロディを流してみたんです。そのうちの1回、杖をついたおじいさんがいたんです。昼14時くらいですか。いろいろなメロディを流していたとき、1つだけ、そのおじいさんがニコッと笑った音があったんです。

──なんですかそれは。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン