このページの本文へ

プレミアム、スーパープレミアムも

スマホやWindows 10との連携強化した「一太郎2016」

2015年12月04日 19時00分更新

文● 貝塚/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ジャストシステムは12月3日、日本語ワープロソフト「一太郎2016」「一太郎2016 プレミアム」「一太郎2016 スーパープレミアム」を発表した。

 価格はそれぞれ2万1600円、2万7000円、4万1040円。2月5日に発売する。

 「スマートフォンで一太郎文書を見たい」「高精細画面でもっと美しく表示したい」といったユーザーからの要望に応えるかたちで、最新の環境やデバイス、利用シーンに合わせた使い方ができるように強化。

 「モバイルビューイング」機能を使って専用サーバーに一太郎文書を送信すると、「一太郎モバイルビューイング」アプリをインストールしたスマートフォンやタブレットで閲覧できるようになる。iOS/Android版の一太郎モバイルビューイングは2月5日よりApp Store/Google Playで提供される。価格は無料。

 「Windows 10」に正式に対応したほか、タブレットPC向けに指で操作しやすい「タブレットビューア」を用意。2 in 1 PCでは、キーボードを外してタブレットモードにすると、「一太郎2016」が自動認識して「タブレットビューア」に切り替わる。また日本語入力システムには「ATOK 2016」を採用している。

 

 「一太郎2016 プレミアム」は一太郎2016の内容に加え、統合グラフィックソフト「花子2016」、読み上げソフト「詠太6」に加え、2年ぶりのバージョンアップとなるインター ネットメールソフト「Shuriken 2016」、高品位書体「モトヤフォント」、「精選版日本国語大辞典」を搭載。「一太郎2016 スーパープレミアム」には、スマートフォンでも利用できる「ブリタニカ国際大百科事典」と、一太郎の開発者がおすすめ機能を紹介するガイドブックが付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン