このページの本文へ

スマホと通信量共有、auのタブレット向け新料金「タブレットプラン ds」

2015年12月02日 20時35分更新

文● オオタ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDIと沖縄セルラーは、タブレット向けの新料金プランとして、スマートフォンのデータ容量と共有できる「タブレットプラン ds」の提供を12月10日から開始する。

 「タブレットプラン ds」は、別途契約のスマートフォンのデータ容量とシェアして利用することが条件の代わりに、「タブレットプラン ds (3年契約)」は月額料金1700円(以下すべて税抜)、「タブレットプラン ds (2年契約)」は月額料金2500円でタブレットのデータ通信サービスを利用できるプラン。

 申し込み条件は、セットで利用する4G LTE スマートフォン(4G LTE ケータイ含む)が、データ定額 2/3/5/8/10/13、LTEフラット、ジュニアスマートフォンプラン、シニアプランのいずれかの料金プラン/データ定額サービスに加入していること。

 また、現在提供しているデータシェアプラン「LTEフラット for Tab ds」は、12月21日に新規受付を終了する。

利用料金を割り引く「タブレットセット割」
「アップグレードプログラム (タブレット)」も

 タブレット購入と同時に「タブレットプラン ds」へ加入した場合、セットで利用するスマートフォンのデータ定額サービスに応じて、最大で3ヵ月間の利用料金を割り引くキャンペーンを実施する。対象プランはLTEフラット、データ定額 5(最大3ヵ月間1000円割引)、データ定額 8/10/13(最大3ヵ月間2000円割引)。

 また、対象機種を購入時に機種変更の際に利用した端末の分割支払金残額が実質無料になる「アップグレードプログラム (タブレット)」を12月10日から開始する。プログラム料は月額480円(税対象外)。加入条件は、対象機種を割賦契約(36ヵ月)にて購入との同時申込みと、「タブレットプラン ds(3年契約)」に加入すること。

 対象となるタブレットはiPad Pro/iPad mini 4/iPad Air 2。これらの機種代金を割賦契約 (36ヵ月)すると、25ヵ月目に新たな機種に変更した場合、旧機種代金の分割支払金残額が実質無料になる。

 25ヵ月目に機種変更をせず分割支払終了月の37ヵ月目までのいずれかの月で特典を利用し機種変更した場合、旧機種代金の分割支払金残額が実質無料になるか、25ヵ月目から機種変更までの月数分のプログラム料を返金される。

 特典を利用せずに機種変更した場合や、分割支払終了後の38ヵ月目以降に機種変更した場合は、au WALLET カードにプログラム料が全額返金される。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン