このページの本文へ

LINEやSNSで送りあえるeギフトの店頭利用に

スマホの画面に直接スタンプを押して認証「gifteeスタンプ」

2015年11月30日 15時37分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「gifteeスタンプ」利用イメージ

 ギフティか11月27日、スマホ画面を直接スタンプする電子スタンプシステム「gifteeスタンプ」を発表した。各種飲食・小売業などの店舗向けに販売する。

 インターネット経由で配布される電子ギフト、電子クーポンや電子チケット画面を店頭で見せて割り引きなどのサービスを受ける際、クーポンやチケットを使用済みであること反映させる「消し込み」処理を行なうもの。これまで、電子的な処理では店舗のレジ側に装置が必要だったが、gifteeスタンプではスマホ画面に直接スタンプを押すだけで消し込み処理が行なえる。

 原理的にはスタンプによって多点マルチタッチを行なうもので、タッチ点の幾何学形状と入力配列により1000万通りのスタンプパターンを作成、照会できるという。静電タッチ方式なのでスタンプには電源もバッテリーも不要なため、店舗側の出費も抑えられ店舗環境にも制限されない。

 ギフティは気軽にLINEやSNS、メールで送り合えるeギフトを展開しており、gifteeスタンプを活用して様々なリアル店舗との提携を進めるという。すでにサザビーリーグが運営する「アフタヌーンティー・ティールーム」に、ギフト販売システム「eGift System」とし提供が決定しており、12月1日より運用を開始する。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン