このページの本文へ

きれいに紅葉を撮るならコレ! 秋のデジカメ特集 第3回

4万円台からの最新ミラーレス一眼4機種の画質をチェック!

2015年11月04日 12時00分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

クラシカルなデザインが高級感をかもし出す
富士フイルム「X-T10」

本体サイズは幅118.4×奥行き40.8×高さ82,8mm、バッテリーとメディア込みの重量は約381g。色はシルバーとブラックの選択ができる

本体サイズは幅118.4×奥行き40.8×高さ82,8mm、バッテリーとメディア込みの重量は約381g。色はシルバーとブラックの選択ができる

 富士フイルムの「X-T10」(ボディーのみの実売価格 8万4000円前後)は、一眼レフスタイル採用のクラシカルデザインなミラーレス一眼だ。雰囲気は同社の上位機種「X-T1」に近く、外装がプラスティックになっているなど、値段相応の質感になっているが、一見しただけでは安っぽさよりも古びたデザインに目がいく。

 また、本体のみの重量が約331gと、X-T1の390gよりも軽いので日常的に持ち歩いても不便ではない。

背面モニターは3型(約92万画素)でチルト機構を備える。EVFは0.39型有機EL、で約235万画素。インターフェイスは十字キーを採用し、各種ボタンが用意されているがボタン類はちょっと小さめ

背面モニターは3型(約92万画素)でチルト機構を備える。EVFは0.39型有機EL、で約235万画素。インターフェイスは十字キーを採用し、各種ボタンが用意されているがボタン類はちょっと小さめ

左にはドライブ系のダイヤル、右には大きめのシャッターダイヤルに露出補正ダイヤルが備わる。シャッターダイヤルの右下に見えるレバーがフルオートの切り替えレバーで、AUTO側にするとカメラ任せのシーン自動認識モード「アドバンストSRオート」に切り替わる

左にはドライブ系のダイヤル、右には大きめのシャッターダイヤルに露出補正ダイヤルが備わる。シャッターダイヤルの右下に見えるレバーがフルオートの切り替えレバーで、AUTO側にするとカメラ任せのシーン自動認識モード「アドバンストSRオート」に切り替わる

ドライブダイヤルの基部にあるレバーを操作することでストロボがポップアップ。これは「X-T1」にも無い機能だ。ガイドナンバーは7

ドライブダイヤルからエフェクト系のフィルターを選んだり、ブラケット機能を選択することができる。連写モードでは最大で秒間8コマの連写が可能だ

ドライブダイヤルからエフェクト系のフィルターを選んだり、ブラケット機能を選択することができる。連写モードでは最大で秒間8コマの連写が可能だ

前後にコマンドダイヤルを装備。レンズに絞りリングがない場合にはこちらのダイヤルで絞りの設定ができる

 本機も同社ミラーレス一眼の中ではエントリーモデルに相当するが、基本スペックに大きな差はない。採用している撮像素子は有効画素数約1630万画素の「X-Trans CMOS IIセンサー」で、富士フイルムのデジカメでおなじみの「フィルムシミュレーション」(後述)など同等の機能が搭載されている。

 上位機種のX-T1ではファームウェア Ver4.0で搭載された新しいAFシステムが、X-T10では最初から搭載されている。防水・防塵仕様ではないが、よほどの豪雨などの悪条件でなければ問題はないだろう。

 おもにプロやヘビーユーザー向けのX-T1に比べて、同じ機能を安価に使える点が最大の特徴といえる。

 使い勝手の面もかなりマニュアル志向な造りになっている。カメラまかせのフルオートモードは搭載されているが、パッと見た感じではその存在を確認しにくい。

 2つのダイヤルを駆使して撮りたいシャッタースピードやピントの合う範囲を意識して、絞りを操作しながら思い通りに撮るための道具となっている。

 もちろん、常に意識して写真を撮っていては疲れてしまうので、時にはフルオートで、気に入ったシーンに出会ったら気合を入れて撮る、というのが楽しめるデジカメだ。

(次ページに続く、「ISO 25600までは常用可能 X-T10の画質をチェック!

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン