このページの本文へ

ECサイトで実践できる!Instagram活用のコツ

2015年10月30日 14時36分更新

文●株式会社いつも.

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

「売れるECサイト」は何をやっているのか? 7000社超のEC支援実績を持つ「いつも.」のコンサルタントが、売上アップに欠かせない戦略・戦術・施策をまとめた書籍ECサイト[新]売上アップの鉄則119 オムニチャネル時代の集客から接客までから、現場ですぐに使えるノウハウを厳選して紹介します。

写真特化型のSNSである「Instagram」の人気が、若い女性を中心に高まっています。ファッション/アパレル系ECでは販促ツールとして成果を上げる事例も出ており、活用が進みつつあります。

アパレル系ECとの相性がいいInstagram

Instagram(インスタグラム)は、写真に特化したSNSです。日本では長らく伸び悩んでいましたが、最近になってユーザー数が急増し、アパレル/ファッション系ECを中心に販促ツールとしても活用され始めています。

InstagramはTwitterと同様、「フォロー」によって他のユーザーの投稿を閲覧しますが、人気フォロワーの傾向は大きく異なります。Twitterは実業家やお笑い芸人に人気があるのに対して、Instagramはファッションモデルが上位を独占しています。彼女らが日々のファッション写真をアップし続け、20~30代の女性ファンたちがフォローして参考にしているのです。

また、ファッションセンスのある一般人にもフォロワーが集まっています。もともとInstagramは海外セレブが使い始め、影響を受けたモデルが追随した経緯から、「Instagram=ファッション」の文化が形成されています。

2014年6月にオープンしたあるアパレルECサイトは、Instagramを活用してわずか3カ月で月商300万円を達成しました。オープン以前から、オーナーが自身のコーディネート写真を投稿し続けたことで、7000人以上のフォロワーを獲得。そのフォロワーがそのままお客さまになったのです。

ユーザーが検索するハッシュタグを付ける

Instagramのユーザーは、ハッシュタグで検索して写真を探し出すので、投稿時にはハッシュタグの付け方が大切です。特に最初のうちは、「#OUTFIT」(=服装のコーディネート)、「#KOTD」(=Kicks Of The Day:今日のシューズ)など、定番のハッシュタグを使って投稿しましょう。ハッシュタグは複数使っても構いません。

ある程度人気が出てきたら、独自のハッシュタグを作って写真をアップしたり、お客さまにコーディネート写真を投稿してもらったりしてもよいでしょう。サイトやブランドのファンを増やすのに役立ちます。

この連載の記事

一覧へ
Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

Webディレクター江口明日香が行く