このページの本文へ

ASCII.jp×パナソニックコラボのRZシリーズ専用ケースが発売

小型の「レッツノートRZ」を生かす弁当箱(!?)式インナー、まとまるだけでこんなに便利

2015年10月16日 11時00分更新

文● 編集部パナソニック担当

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

RZシリーズ専用だからカスタマイズできるようにしてみました!

 さて、レッツノート RZ 専用インナーケースをうたう本製品だが、どのあたりが、RZシリーズに最適なのだろうか。中央のポケットに本体がピッタリと収まるというのは当然だが、より快適にRZシリーズをカバンに入れられるよう、カバンへのおさまりも意識している。

 一般的なビジネス用バッグは、13~15型のノートPCが横向きに入る大きさ。10.1型のレッツノート RZシリーズ(大きさはB5の大学ノートとほぼ同じ)なら、縦向きで収めることができる。ただし左右が余るため、ACアダプターやマウスといった周辺機器の収まりが若干悪いなと感じてしまう。

ノート1台で完結するといっても、持ち運びたいアクセサリーは意外とあるハズ。

 ちょっと贅沢な悩みかもしれないが、カバンの中にはノート以外にも、スマホやイヤフォン、ACアダプターや変換ケーブル、名刺や筆記用具なども入れるから、うまく仕切れるといいはず。

 というわけで、今回のレッツノート RZ 専用インナーケースでは、本体を保護することに加え、カバンを仕切る機能と、小物を持ち運ぶためのポーチの機能も一体化できるようにした。

小さいポーチはベルクロでワンタッチにはずせる。もっとも大きなポーチは背面のベルト通しが2つあるため、よりしっかりと固定できる仕組みだ。

 ただ、そんなに荷物は持ち運ばないという人もいるはずなので、ポーチは取り外し可能としている。パナソニックストアはカスタマイズできる点が特徴。だから、インナーケースもカスタマイズできるようにしたわけだ。

取り外したポーチはカバンのベルトなどにも簡単につけられる。

胸にも!

腰にも!

 取り外したポーチは家に置いたままにもできるが、ベルクロ付きのループで好きな場所に取り付けられるので、腰やカバンのベルトに付けたり、小物入れとしても利用可能。色々な使い方を試してほしい。

実はポーチもカスタマイズ可能。カメラバッグの仕切りをイメージして、ハクバ写真産業が考えてくれた仕組み。

こんな感じで仕分けするのもいい。

一般的な無線マウスなら多分入る大きさ。

コンデジは……ちょっと厳しい場合も多そうだが写真のようなデジタル一眼であれば、レンズを外せばなんとか。

長いほうのポーチはACアダプターを入れるのを想定。ペンケースとしても利用できるかも。

幅はiPhone 6 Plusとおんなじぐらいですね。

頑張れば傘も入りました……。

新レッツノート RZ5購入者には、無料でプレゼント

 この記事で紹介している「レッツノート RZ 専用インナーケース」はグレーとオレンジの2モデル構成。特に、このうちグレーのモデルについては、新しい「レッツノート RZ5」を購入したユーザーに向けた限定商品という位置づけ。先着500名の限定数となるため、モバイルノートをいま購入したいと考えているユーザーは、この機会にぜひ、パナソニックストアにアクセスしてほしい! 

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン