このページの本文へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測 第138回

Xperia、Galaxy、AQUOS、比較的小型な夏スマホの速度を見る!

2015年08月24日 12時00分更新

文● 小林 誠 編集● ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

文字入力テストは
Xperia A4が最速、平均ともに◎

 続いてのチェックは文字入力。Gmailの新規作成画面で、下記の文章を入力し、そのタイムを競う。これも3回、ストップウォッチで計測する。予測変換は使わず、全文入力する。なお3機種とも片手操作でフリック入力だ。

「お世話になっております。ライターの小林です。明日の13時にASCII.jpの件、よろしくお願いいたします。」

  Xperia A4 Galaxy S6 AQUOS EVER
入力プログラム POBox Plus 2.0 iWnn IME for Galaxy 2.3.3 S-Shoin 1.0.0.1
最速タイム 42秒22 52秒47 43秒28
平均タイム 47秒36 56秒33 49秒08

 ここではXperia A4がリード。本体がコンパクトなので片手操作がしやすく、指がキーボードのどこにでも無理なく届く。レスポンスも良い。小型な分、ちょっと押し間違いが多くなった印象を受けたが、これは慣れの問題でもあるだろう。40秒を切ることができなかったものの、誤入力が無ければ30秒台に届きそうだ。

 2位は日本語プログラムに「S-Shoin」を採用したAQUOS EVER。といってもiWnnベースのアプリだ。初期設定時からキーボードが片側に寄っているので、指がキーボード全体に届きやすい。ただし本体の厚みをやや感じる。誤入力はなく、タッチのレスポンスも良いのだが、なかなかタイムが縮まらない。

 最後はGalaxy S6。Galaxy S6 edgeのときも文字入力のタイムが縮まらなかったが、今回もやはり本体幅が影響している印象。端に指を無理して伸ばしているので、入力が終わったときに手が疲れてしまった。

起動時間チェックでは
Galaxy S6が20秒台

 さらに起動時間も比較した。一度電源を落とし、電源ボタンを押してからホーム画面が表示される(ロックはオフに)までの時間をストップウォッチで計測した。こちらも3回チェックしている。

  Xperia A4 Galaxy S6 AQUOS EVER
最速タイム 38秒72 22秒86 42秒84
平均タイム 38秒86 23秒14 43秒24

 これはGalaxy S6が速い。ドコモとAndroidのロゴ、次にカラフルなアニーメーションでGalaxyのロゴが表示、そして黒い背景のホーム画面がほんの少し表れ、正常なホーム画面となる。

 2位はXperia A4。ソニーとXperiaのロゴが長めに表示され、次にドコモとAndroidのロゴが表れる。そしてXperiaらしい波打つアニメーション、最後に防水の注意が表示されてホーム画面となる。

 3位はAQUOS EVERで、ドコモとAndroidのロゴ、さらにドコモのロゴだけになり、防水の注意表示が一瞬表示。そして赤外線通信についての注意(赤外線ポートが下にあり、ポートも本体と同じ色で位置がわかりにくいため)、最後にAQUOSのロゴが長く表示され続け、ホーム画面となる。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン