このページの本文へ

いっそトリコーダーとコミュニケーターも欲しい

気分はキャプテンカーク、スタートレックのフェイザー型学習リモコン

2015年08月10日 16時52分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
The Original Series Phaser replica universal remote control

 リンクスインターナショナルは8月10日、“スター・トレック”のエネルギー兵器「フェイザー銃」型の学習リモコン「The Original Series Phaser replica universal remote control」を発売した。

作中同様に心臓部を取り外すとが可能(出力は下がるがより携帯しやすくなるという設定があったはず)

 フェイザー銃はスター・トレック(STAR TREK)のオリジナルテレビシリーズ版に登場する携行兵器。宇宙艦の主砲と同様なビーム兵器で、物質の破壊から生物の殺傷、麻痺まで多彩な出力制御が可能。オリジナル同様に拳銃型のほか、心臓部を取り外すこともできる。動作時にはテレビと同様な動作音や発光ギミック(特殊エフェクト10種類)を備える。

トリガーのほか、振る操作でもテレビのチャンネルや音量操作が可能 

 学習リモコンはテレビなどの赤外線信号を4つの記憶領域に36種類記憶させることが可能。操作はボタン操作のほか、上下左右に振るジェスチャーアクションが可能。またダイヤルによる暗証番号入力操作ロックすることも可能。

豪華パッケージ入り

 電源はUSBから充電する。本体サイズは幅45×高さ160×奥行き200mm、重量は400g。豪華パッケージ入り、フェイザー銃がマグネットで自立するスタンド付き。STAR TREK(CBS Studios Inc)ライセンス商品。価格は2万1384円。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン