このページの本文へ

DMI 3.0接続、メモリーはDDR4規格

ドスパラ、Skylake-S「Core i7-6700K」搭載のハイエンドPC3機種

2015年08月05日 21時00分更新

文● 貝塚/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

GALLERIA ZI

 サードウェーブデジノスは8月5日、インテルの第6世代Core i7「Skylake-S」を搭載した「GALLERIA」シリーズのデスクトップPCを発売した。

 Skylake-Sは14nmプロセス製造の第6世代 インテル Core i7 プロセッサー。定格4.00GHz、ブースト時最大4.20GHz動作が可能な4つの物理コアと処理速度により、3Dゲームやオフィス業務、動画や画像編集作業など多数のアプリケーションを同時利用するマルチタスク作業も快適に利用できる特徴を持つ。

Monarch LD-K/Raytrek-V XK

 CPUとチップセット間の接続を、従来の5.0GT/sのDMI 2.0から、8.0GT/sのDMI 3.0としたほか、メインメモリーにはDDR4規格のものを採用。またOSにはWindows 10をプリインストールしている。各モデルの価格と主な仕様は以下の通り。

  • GALLERIA ZI:Core i7-6700K、Z170 チップセット、16GB PC4-17000メモリー、GeForce GTX 980 Ti、2TB HDD、250GB SSD、DVDスーパーマルチドライブ、Windows 10 Home、26万7818円
  • Monarch LD-K:Core i7-6700K、Z170 チップセット、8GB PC4-17000メモリー、1TB HDD、DVDスーパーマルチドライブ、Windows 10 Home、12万4178円
  • Raytrek-V XK:Core i7-6700K、Z170 チップセット、16GB PC4-17000メモリー、GeForce GTX TITAN X、256GB SSD、3TB HDD、DVDスーパーマルチドライブ、Windows 10 Home、32万3978円

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ