このページの本文へ

スキャンデータにExif情報を付与

紙の写真の「いつ撮ったか」を解析する、撮影日記録サービス

2015年08月04日 17時16分更新

文● 鈴木誠史/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
写真を分析して撮影年代を推定、Exif情報を記録するサービス

 写真スキャン代行サービス「節目写真館」を運営するフォトバンクは8月4日、写真の撮影日を推定/記録する「節目スタンプ」を発表した。8月3日から提供を開始している。

 節目スタンプは、節目写真館でデータ化した古い写真に、撮影した年と日付情報が入るサービス。写真から読み取れる年代情報や人物の年齢推移などを総合的に分析し、撮影年代を推定する。

 従来はデータ化した写真には撮影日情報が記録されず、写真管理アプリなどで時系列で整理するには情報を手入力する必要があった。同社はこれの解決策として節目スタンプの提供を開始し、90%以上の写真で正確な年代を割り出すことに成功したという。

 節目写真館のスキャンサービスを利用すれば、節目スタンプを無料で利用できる。節目スタンプ単体での利用は不可能となっている。なお、節目写真館のサービスはこちらを参照してほしい。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン