このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ACGHK(香港動漫電玩節)2015に見る香港コスプレ事情

2015年08月05日 17時00分更新

文● 松永和浩 写真●松永和浩 編集●末岡大祐/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

香港のコスプレイヤーにも
日本の作品が大人気!

 香港の同人誌即売会Creative Paradise(創天綜合同人祭)02が内包されるACGHK(香港動漫電玩節)2015ではコスプレエリアも用意され大盛況となっていた。

 特に家族連れも多いACGHK2015では、お子さんのコスプレイヤーも多く、ヘスティアの子(下の写真)は超絶大人気で、香港暫定トップコスプレイヤーだったといっても過言ではない。

カワイイ、チビッ子コスプレイヤーも参加! もちろん大人気!

 日本からもCreative Paradise(創天綜合同人祭)02に招待出展をしていた「さちぶどう」さん(上の写真右)と、コミケットSPの公式キャラクター筆川摩耶の公式コスプレイヤーとしてACGHKの開幕式に出席した「ことり」さん(上の写真左)がコスプレエリアに登場した。

さちぶどうさん(@sachibudou)は25日にはアイドル系アニメのチアガールスタイル、26日にはアイドル系ソーシャルゲームのステージ衣装コスプレで登場。
ことりさん(@__kotori__)は、アイドル系アニメに登場するキャラのウェディングドレスでコスプレエリアに臨んだ。

 日本から来たコスプレイヤーということもあったのだろうか、コスプレエリアにお二人が立つと香港のアマチュアカメラマンの方々が即座に集まり、7列ほどの大きな囲みが出来てしまうほど。香港のアマチュアカメラマンは極端に近づいて撮影したり、極端なローアングルを撮る人がいなかった。撮影に対してのマナーやリテラシーはかなり高いといえる。


(次ページでは、「香港では艦これが人気!」)

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ